2013年11月18日

ダイエットは強い心構えで!


現在は、テレビや雑誌などで星の数ほどのダイエット法が紹介され、

また、インターネットに「ダイエット」というキーワードを入れて検索すれば、

驚くほどの数の情報が収集できます。

それでも、次から次へと新しいダイエット法を紹介した書籍などが出版されていますが、

逆にいえば、これだけのダイエット法がありながら、

それらを実践しても、なかなか思うように痩せらない・・・

という方達が多いということになります。


中には、「楽して簡単に〇kgは痩せる・・・」

「サプリメントを飲むだけで、あっという間に直ぐ痩せる・・・」などと、

どう考えてもあり得ない魔法のようなダイエット法が多く氾濫しています。


そんな甘い言葉に惹かれ、ウソやまやかしのダイエットを実践して、

失敗に終わるダイエッターが少なくないというダイエットの現実ではないでしょうか。


そもそも、今まで楽な生活をして太ってしまい、ダイエットが必要になった方が、

そんな楽に、しかも、あっという間に痩せれる訳がありません!


かといって、やみくもに激しい運動をして頑張ればいい・・・

という訳でもありません。


効率のよいダイエット法を求めることは大切ですが、

無理なくコツコツと毎日継続して行える方法を見つけることが重要です。


「楽で、あっという間に痩せる魔法のようなダイエットは絶対にない!」

そして、「コツコツと継続して痩せる・・・」

という強い心構えを持って始めましょう!


posted by 痩せるんジャー at 16:56| 日記

有酸素運動を加えて効果アップ!


ダイエット運動の王道ともいえるウォーキングやジョギング、

それに、サイクリング、水泳、エアロビックスなどは、有酸素運動といいます。


有酸素運動は、最初は酸素の供給が少ないため血液中の糖分と筋肉内のグリコーゲンが

エネルギーとして使われ、次第に血液中の脂肪が使われるようになり、

その後、酸素の供給量が多くなってくると脂肪細胞として蓄えられている

皮下脂肪や内臓脂肪をエネルギーとして使われるようになり、

体脂肪を燃焼する効果のある人気の運動です。


そんな有酸素運動は、気軽にできることから、

早朝など、街の中をウォーキングやジョギングをしている方を、よく見かけますし、

スポーツジムに行けば、ランニングマシンを使って歩いていたり、走っていたり、

また、エアロバイクを漕いでいたりと、多くのダイエッターが実践しています。


確かに、この有酸素運動は、体脂肪燃焼しますが、その量はほんの僅かなので、

有酸素運動だけで痩せようとすると効率が悪く、時間をかける割には、

なかなか思うように痩せることができません。

ところが、無酸素運動の後に、有酸素運動を行うことで、

最も効率の良いダイエット法になります。


しかし、無酸素運動の後に・・・ という順番が重要です。


ウエイトトレーニングなどの無酸素運動を行った後は、

成長ホルモンが多量に分泌され、脂肪が分解されて、

脂肪燃焼しやすい状態にあります。

そこに、有酸素運動を行えば、効率よく脂肪燃焼できるということです。


単独で有酸素運動をする場合に比べて、約30%ほど燃焼アップするそうです。


posted by 痩せるんジャー at 02:35| 有酸素運動

2013年11月14日

無酸素運動で速筋をアップ!


健康的に痩せるには、筋肉量をアップして基礎代謝量を高めることが、

最も効率のよいダイエット法です。


それでは、どんなトレーニングを行えばよいのでしょうか?


ダイエットの運動というと、

ウォーキングやジョギング、エアロバイク、エアロビックス、水泳などが

ポピュラーで人気の高い運動になりますが、これらの運動は有酸素運動といい、

体脂肪燃焼効果はありますが、筋肉量を増やすトレーニングにはなりません。

全く筋肉が鍛えられないということではないのですが、

有酸素運動で主に鍛えられるのは「遅筋」という細い筋肉です。


実は、基礎代謝量を高められるのは「速筋」という筋肉です。


この速筋が鍛えられるのは、ウエイトトレーニングやダッシュ系の

無酸素運動という運動です。


無酸素運動は、長時間の有酸素運動とは反対に短時間の運動で、

最初は、酸素を取り込んで行いますが、次第に運動の強さを増やしていくと

肺から取り込んだ酸素の量が足りなくなり無酸素下で行うため無酸素運動となります。


そして、この無酸素運動で鍛えられるのが速筋なのです。


しかし、重いダンベルを使うだけが無酸素運動ではありません。


運動経験がなく、力のない女性でも、

自宅で、手軽で簡単にできるトレーニングは、たくさんあるので、

ぜひ、無酸素運動に挑戦してみて下さい。



posted by 痩せるんジャー at 00:23| 無酸素運動